Glass Fort Dealing

gfd_m2
 
 
相場で勝ち続けるために必要なことは、レートの上げ下げを予想することではなく、

あなた自身が、どの位置でエントリーし、どの位置で手仕舞うかということです。

一般的な法則や、教科書的な教えが常に通用するほど、実際の相場は単純ではありません。

寧ろ、通常の基本パターンから外れた時にこそ、その対処が重要になります。


Glass Fort Dealing では、どのような目線でチャートを捉えていけばよいのかを考え、
 
実践的な裁量技術を身に付けることで、質の高いエントリーと手仕舞いの習得を目指します。

十余年に渡り追求し続けてきた相場を捉える上での重要なポイントを解説していきます。

リスクリワードを追求する上でも優位なポジションメイクを考えることが重要であり、

注目すべきポイントを見抜くことで、想定外の動きに遭遇しても冷静な判断が可能になるばかりでなく、

常に優位性のある場所で入り、安全なところで逃げる、という習慣を身に付けていくことができます。

上級レベルに到達する頃には、システムやインジケーター等に頼らないトレードが可能になります。
  
この先、他人の手法に依存することや、情報商材等に振り回されるようなこともなくなるはずです。
 
真の実力を身に付け、裁量トレードを極めること、この一点にテーマを絞ります。
 

Glass Fort Dealing
 
たとえば、上記のチャートは、それぞれ重要なポイントから引かれたラインの先端の場面です。
 
重要な始点、次点はこの場面にはなく、左の見えない部分にあります。一部、上級向けのポイントが含まれています。
 
 
ここで扱っていく内容は、私自身が日々の実践の中で培ってきたものです。

多少、難度レベルの高いものも含まれるため、

トレードに取り組んでこられた時間が十分でない方は、難しく感じることもあるかもしれません。
  
しかし、日々継続していくことで、成果を実感する時が必ず来るはずです。

 
トレードの実力は、マニュアルの購読や、セミナー等の受講でも、

一朝一夕に身に付くものではなく、繰り返しの数が必要になります。
 
実践を繰り返しながら、日々の鍛練によって築いていくものです。
 
受身のままで、習得できる技術などありません。

眺めるだけでなく、ぜひ、トレーニングの材料にしてください。
   
 
2013年の5月からスタートした裁量記事購読は7月に定員一杯となり、

新規入会を希望される方々には、長い間お待ちいただく状況が続いておりました。

方針を転換し、記事購読の形態を廃止し、動画解説形式へ移行しました。
 
これまでの文章中心の説明に比べ、よりダイレクトに伝えることができると思います。


現在、動画の配布は行っておりません。

__________________________________________________________________
   
   
                 Copyright Glass Fort Dealing All Right Reserved